人生を楽しく生きてもらう為に!高齢者の便秘の原因と解消方法

人生を楽しく生きてもらう為に!高齢者の便秘の原因と解消方法

 

おじいちゃん、おばあちゃんの便秘、
何しても中々出なくって、どうしたらいいんだろう?
困ったなぁ・・・。
はあ・・・。

 

 

なーんて、ため息が出ちゃいますよね・・・。

 

 

高齢になればなるほど、どんどん頑固な便秘への道を突き進むようになります。
なんと、65歳以上の2人に1人が便秘だというから驚きです。

 

 

「毎日快便じゃワイ!くははははっ!」
なんて豪快に笑い飛ばして欲しいものですが・・・そうもいきません。

 

 

中々出ないもんだからついつい下剤に頼ってしまいますが、下剤を使用し続けるのはオススメしません!
本来であれば便秘を解消する為の下剤ですが、飲み続けると更なる頑固な便秘へと陥ってしまうからです。

 

 

 

 

 

下剤を長期にわたって使い続けると、耐薬性がでてきて次第に効き目が弱くなってくることがあります。
さらに用量が増えてくることにより、腸管が痙攣をおこして排便が困難になり、便秘と下痢を繰り返すようになります。
またそれにより、体内のカリウムが減り、筋力の低下、さらに腸運動の低下をおこし便秘を増強するなどという悪循環を引き起こしてしまうのです。

 

 

引用元:下剤 - 東京医療問題研究所

 

 

 

 

 

なるべく下剤を使用せず、自然とスッキリしてもらいたいですよね・・・!
もちろん、おじいちゃん、おばあちゃん本人もそう願っています。

 

 

「うんちが出ない」
たったそれだけの事で、どれだけ苦しいか・・・。

 

 

これからの人生を明るく楽しく生きてもらう為にも、便秘解消は必須の事です!

 

 

>>【超まとめ】便秘解消は当たり前!知られざるオリゴ糖の効果とは!?

 

 

unkatu

 

 

高齢者の便秘は危険がいっぱい!病気や合併症を引き起こす可能性アリ!

 

まずは、高齢者の便秘がいかに危険かを知っておく必要があります。

 

 

高齢者のその便秘!
出ないからと言って放っておくのはいけません。
恐ろしい病気が潜んでいたり、合併症を引き起こす危険性がありますよ・・・!

 

 

ここでは、便秘によってどんな病気や合併症を引き起こすのか、一つ一つお話していきます。

 

 

腸閉塞

 

どんな病気?
いつまで経っても出ていけない便が水分を失いカチコチに固くなり、腸が便で塞がってしまう事を腸閉塞と呼びます。

 

症状は?
行き場のない便が逆流する事によって、吐き気や嘔吐、腹痛が現れます。

 

 

直腸潰瘍

 

どんな病気?
便秘により排便時にいきみすぎる事が原因で直腸が炎症を起こす病気です。

 

症状は?
排便時に出血や痛みを伴います。
便意は感じるけれど、排便まで至りません。

 

 

嵌入便

※読み:かんにゅうべん

 

どんな病気?
固い便が肛門でたまってしまい出す事ができなくなってしまった状態の事を言います。

 

症状は?
下痢状の便がダラダラと漏れ出ます。

 

 

脳卒中

 

どんな病気?
便秘だと排便時に強くいきむ為、血圧が30〜40ほど上昇し脳卒中を引き起こします。

 

症状は?
ろれつが回らない、はしを落とす、片目が見えない、頭痛や吐き気、けいれん発作など。

 

 

大腸がん

 

どんな病気?
腸にたまった便が出す発がん物質により、大腸がんを誘発する可能性があります。

 

症状は?
血便、下血、便秘や下痢、腹痛、お腹が張る、貧血、嘔吐など。

 

 

 

 

どうでしょう?
どれもこれも見過ごせない病気や合併症ばかりで、きちんと便秘を解消しなければならない事がお分かりになるはずです。

 

 

高齢者の便秘の原因は加齢による衰えからくる!

 

なぜ高齢者に便秘持ちが多いのでしょうか?

 

 

「年だからしょうがないねぇ・・・」
というセリフは思考停止ワードですが、そうは言っても加齢による体の不調は避けられません!
もちろん便秘も例外ではありません。

 

 

加齢からくる以下のような衰えが原因で、頑固な便秘を引き起こしてしまうのです。

 

 

腹筋がおとろえる事によりいきむ力が弱くなる

 

便秘について意外とあなどれないのが腹筋です。
せっかく便が肛門までたどり着いたのに、腹筋がない為押し出せずに諦めてしまい、その内に便が水分を失って固くなり、頑固な便秘へと変身してしまうのです。

 

 

hukkin

 

 

腸の動きが鈍くなり便を排出しづらくなる

 

「自律神経」っていう言葉、聞いた事があるでしょうか?
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、それぞれ「緊張」と「リラックス」を司っています。
加齢が進むにつれて、この自律神経の働きが弱くなる事が分かっています。

 

 

交感神経⇔副交感神経

 

 

この切り替わりがある事によって、腸は収縮したりゆるんだりの運動を促されるんです。
自律神経が弱いと切り替わりも弱いという事になり、イコール腸の運動も弱いという事になります。

 

 

腸の運動がなければ便は肛門までたどり着けません・・・!
すると便がそのまま腸で滞ってしまう(便秘になる)という訳です。

 

 

 

 

 

 

自律神経障害は、末梢神経の病気の一種で、自律的に(意識的な努力を伴わずに)体内のプロセスを制御している末梢神経系(自律神経系)の神経に損傷が起きるものです。
〜 省略 〜

 

よくみられる症状のひとつは、立ち上がったときに血圧が過度に低下する起立性低血圧です。
そのため、ふらつきや、失神しそうな感じが生じます。

 

 

男性では、勃起の開始や維持が困難になることがあります(勃起障害)。
膀胱の活動が過剰になることも多く、意図せず排尿してしまうこともあります(尿失禁)。
逆に膀胱の活動が弱まって、排尿が困難になる場合もあります(尿閉)。

 

 

胃から内容物が送り出されるペースがきわめて遅くなるため(胃不全麻痺)、食事をしてもすぐに満腹感をおぼえ、吐くことさえあります。
重度の便秘になることもあります。

 

 

引用元:自律神経障害: 自律神経系疾患: メルクマニュアル 家庭版

 

 

 

 

 

慢性的な運動不足で便秘になる

 

年を重ねるごとに体を動かすのが億劫になり、1日中ボーッとテレビを見ている・・・
なんて生活を送っていませんか?

 

 

  • 腹筋が弱くなる事
  • 自律神経が弱くなる事

 

 

この2つが高齢者の便秘の原因だと今しがたお話しましたが、運動をする事でこの2つは改善出来るんです!
逆に、適度な運動をしないからこそ、加齢による衰えが更に加速してしまうのです。

 

 

食事量が減って便の材料がなくなる

 

便の材料は食べ物です。
また、善玉菌や食物繊維を含んだ食べ物は、便をスムーズに出す手助けをしてくれます。

 

 

高齢者はさほどカロリーを摂らなくても活動出来るようになっています。
それは自然の摂理なので仕方のない事であり、それによって便秘になってしまうのも当然仕方のない事とも言えます。

 

 

常用薬による副作用で便秘になってしまう

 

 

hukusayou

 

 

高齢者は何らかの病気を抱えている場合が多いですよね。
その病気を治す、あるいは抑える為に毎日飲んでる薬があるはずです。

 

 

「ちゃんとお薬飲んだぁ〜?」
なんてあなたも聞いているんじゃないでしょうか?

 

 

ですがその薬の副作用、きちんと理解していますか?
例えば以下の薬は、便秘を誘発します。

 

 

  • 麻薬系の鎮痛薬(モルヒネ)
  • 鎮咳薬(コデインリン酸塩水和物)
  • 抗コリン薬(気管支拡張薬、鎮痛薬など)
  • 抗ヒスタミン薬
  • 向精神病薬
  • 抗鬱薬
  • 抗パーキンソン病薬
  • 抗不整脈薬
  • 降圧薬(Ca拮抗薬)
  • 制酸薬
  • 鉄剤
  • 収れん薬(ビスマス製剤)

 

 

便秘が嫌だからと言って処方されている薬を飲むのをやめる訳にはいきません。
ですが、そもそも加齢によって引き起こされている便秘が、常用薬によって更に進行していると考えた方が良いでしょう。

 

 

高齢者のしつこい便秘を解消するには食事内容が重要!

 

高齢者だと、思うように箸が進まない方が多いですよね!
自分の好きな物をちょっとだけ食べて
「もうお腹いっぱいだからごちそうさま」
なんて、箸を置いてしまったり・・・。

 

 

「もっと食べて!アレもコレも全部食べて!」
とついつい言いたくなりますが、無理に食べさせるのはストレスにつながります。
また、体が「もう十分」と判断をくだしているのに、その判断を無視するのは逆に健康に害を及ぼします。

 

 

でも、食べてくれなきゃ困っちゃいますよね?
便秘も解消したいですよね?

 

 

そこで、高齢者でも無理なく食べられて便秘を解消できる食べ物をご紹介します!

 

 

wasyoku

 

 

・・・と、その前にまずは、便秘を解消する為に必要な食べ物の成分をお話しておきますね!

 

 

便秘を解消する為に必要なのは食物繊維・善玉菌・オリゴ糖の黄金トリオ!

 

食物繊維

 

「便秘」「解消」「食べ物」というキーワードで真っ先に思い浮かぶのが、食物繊維!
それもそのはず、食物繊維は3つの嬉しい効果があるんです。

 

 

  • 便の量を増やしてくれる
  • 腸を動かしてくれる
  • 便をやわらかくしてくれる

 

 

どうでしょう?
最強の便秘解消成分である事は疑いの余地なしですね!

 

 

善玉菌

 

憎き「悪玉菌」と対をなすのが「善玉菌」です。
悪玉菌は私達に悪さをしでかします。
色々ある悪さの中でも一番身近なのが、やはり便秘です。

 

 

便秘の原因となる悪玉菌ですが、年を重ねるごとに腸内にどんどん増えるようになっていきます。

 

 

 

 

 

 

さらに加齢が進み、老人になるとビフィドバクテリウム属 Bifidobacteriumの数はますます減少し、かわりにラクトバシラス属 Lactobacillus や腸内細菌科の細菌、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)などが増加する。

 

 

引用元:腸内細菌 - Wikipedia

 

 

 

 

 

※注釈
ビフィドバクテリウム属 Bifidobacterium ⇒ 善玉菌
ラクトバシラス属 Lactobacillus ⇒ 悪玉菌

 

 

便秘を引き起こす悪玉菌をやっつけてくれる存在である善玉菌を、食べ物によって増やす事が大事なんですね。

 

 

オリゴ糖

 

オリゴ糖とは、善玉菌の唯一のエサとなるモノです。
善玉菌に元気いっぱい働いてもらう為に欠かせません!
オリゴ糖は食品にも含まれているのですが、その量はほんのごく僅かです。
単品で粉末状になっているものが売られていますので、そちらを摂取した方が良いでしょう。

 

 

>>【超まとめ】便秘解消は当たり前!知られざるオリゴ糖の効果とは!?

 

 

高齢者でも食べられる!便秘解消に効果抜群の食べ物4選!

 

  • 食物繊維
  • 善玉菌
  • オリゴ糖

 

 

この3つの便秘解消黄金トリオが分かったところで、高齢者にもおすすめの食べ物をお話していきます!

 

 

ヨーグルト+オリゴ糖+バナナ

 

ヨーグルトには善玉菌が、バナナには食物繊維が含まれています。
ヨーグルトに小さくカットしたバナナとオリゴ糖を混ぜれば、最強の便秘解消トリオの出来上がり!
おいしいですし、高齢者でも難なく食べられます。

 

 

納豆+オリゴ糖+玄米ごはん

 

玄米は抵抗がある方もいるかもしれませんが、便を押し出す食物繊維をたくさん含んでいます!
そこへ納豆に粉末状のオリゴ糖を混ぜて食べれば、これまた黄金トリオの出来上がりです。

 

 

さつまいも

 

甘くてほくほくおいしいさつまいもは、高齢者も好きな方が多いです!
さつまいもには、セルロースとセラピンという食物繊維がたっぷり含まれています。
生のさつまいもを切ると白い液体が出てきますが、あれこそがセラピンなんです。
それぞれの役割は、

 

 

  • セルロース:便の量を増やし、腸を刺激する
  • セラピン:便をやわらかくする

 

 

という、何ともありがたいものなんです。

 

 

やわらかく食べやすいので、是非とも積極的に食べてもらいたいですね!

 

 

スムージージュース

 

「固形物を中々食べてくれない!」
そんな高齢者の方にはジュースがおすすめです。
スムージージュースは食物繊維を豊富に含んでいます。
ミキサーで簡単に作れちゃいますよ!

 

 

料理レシピが載っているサイトで「食物繊維 スムージー」と検索すればたくさん出てきます。

 

 

sumu-zi-zyu-su

 

 

高齢者の便秘は病院や介護施設でこそ急増している!

 

さて、ここで少し番外編!
病院や高齢者施設でのお話です。

 

 

病気で入院していたり、高齢者施設で介護されていると、どのように看護されているのかいまいち把握出来なかったりしますよね。
しかし、そのような環境にいる高齢者こそ、便秘で悩んでいる事がとても多いんです。
なぜかと言うと、医師から機械的に下剤を処方され、更なる便秘を生むという悪循環を引き起こしているケースがあるからです。

 

 

 

 

 

多くの高齢者は、加齢に伴うさまざまな機能低下、能力低下から便秘に悩まされています。
その原因は消化器系の疾患によることよりも、食習慣や主疾患治療のための服薬の影響、日常生活での活動量の減少によることが多いといえます。

 

 

しかし、高齢者施設では便秘対策として下剤が投与されることが多く、その結果、便秘→(下剤)→下痢→便失禁→(止痢剤)の悪循環が発生しています。
不適切な下剤投与は、多くの高齢者に身体的、心理的、社会的苦痛を与えています。

 

 

引用元:排便ケアの実践 - 排泄ケアナビ

 

 

 

 

 

もし本人の口から「便秘」という言葉が出るようなら、あなたが医師や看護師、介護士に一度相談してみましょう。
何らかの手立てを考えてくれるはずですよ!

 

 

 

 

 

tanosikuakaruku

 

 

高齢者の便秘は加齢による自然の摂理であり、また食事や運動もままならない事から解消する事も容易ではありません。
かと言って放っておくと恐ろしい病気を引き起こす事も考えられます。

 

 

高齢者のストレスにならないよう、無理のない範囲で出来る事をしてあげましょう。
スッキリと便が出るという事は、これからの人生を楽しく明るく生きる事に繋がります!

 

 

>>飲み物に混ぜるだけでOK!オリゴ糖で簡単に便秘解消!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加